製造工程

1.図面の作成

写真:CAD図面作成の様子

発注書と同時に図面等が送られてきますので、それらに基づきバラ図(展開図)をCADで作成します。
製品ごとに仕様も変わり、またこの段階でのミスは後の製作工程に大きく響いてきますので、正確な作図が求められます。

2.素材の切り出し・作成

写真:スチール板の切り出し作業の様子

図面をもとに、素材となるスチール板の切り出し・作成を行います。
スチール板の作成にあたってはベテランのスタッフを配すると共に、弊社では最新の工作機器を導入。
従来使用していた機器よりも生産効率が高いうえ、精度も向上。また騒音レベルも相対的に低く、環境にもやさしい作業環境を実現しています。

3.素材の折り曲げ

写真:スチール板の折り曲げ作業の様子

前工程で切り出したスチール板の折り曲げ加工を行います。
データを確認しながら工作機械を操作。スチール板の性質を十分に把握したうえで、柔軟な判断・作業が求められる工程です。また加工後にも随時チェックを行い、ゆがみなどが無いか確認します。

4.溶接・加工

いよいよ本格的な製作工程に入ります。
折り曲げた材料を、溶接やビス止めなどで組み立てていきます。
この工程において溶接作業は欠かせないため、作業員の習熟度が製品の品質や作業スピードに大きく関わってきます。

写真:溶接・加工作業の様子1 写真:溶接・加工作業の様子2 写真:溶接・加工作業の様子3 写真:溶接・加工作業の様子4

5.塗装

組みあがった製品を塗装します。また製品によっては、錆び止め剤やツヤ出し剤などを塗布することもあります。
塗装工程を終えて製品検査に合格した後は、いよいよ工場を出荷。
弊社で製作したドアやサッシが、普段皆さまがよくご利用されている施設などに届けられます。

写真:塗装作業の様子1 写真:塗装作業の様子2